「PRO-3 SMART OFFICE」竣工のお知らせ

2017.12.1. 企業情報

News Release

TECRA株式会社

2017年12月1日

 

モンゴル首都ウランバートルで18階建てオフィスビル「PRO-3 SMART OFFICE」が工期通りに竣工。実需に基づくプロジェクトで12月オープン。

 

 

人や資材、資金の管理が難しい新興国のモンゴルで、工期通りに竣工。徹底した品質管理と工程管理、現地パートナーとの関係構築を実現し、プロジェクトを成功に導きました。

 

 

TECRA株式会社(本社:神奈川県横須賀市/代表取締役:今井豊和)が監督した、モンゴルの首都ウランバートルの中小企業向けオフィスビル「PRO-3 SMART OFFICE」が12月オープンしました。

 

左:Master Group最高統括責任者 DASHTSEREN Tserenlkham   右:TECRA株式会社 代表取締役 今井豊和

 

 

 

現地の需要に合わせた中小企業向けオフィスビルの建築

建設地はモンゴルのゼロポイント(中心地)である国会議事堂から約1キロメートル北、首都ウランバートルの新ビジネス地区です。周辺は立ち退きが進み、今後不動産市場の発展が見込まれる好立地です。

 

18階建てビルの3~16階は中小企業向けの比較的小さい間取りの設計です(最小22.75平米)。モンゴルの平均年齢は27歳と若く、ウランバートルに存在する企業においても、スタートアップのベンチャー企業や中小企業が大半を占めています。現状のウランバートルでは高級オフィス物件は数多くあるものの、中小企業向けの小さな間取りの物件は不足気味です。今回のプロジェクトはまさに実需に基づいたプロジェクトと言えます。

 

新興国モンゴルで工期通りの竣工を実現

海外でのプロジェクトは、事案ごとに異なる周囲の環境や目的を正確に把握する必要があります。それを基に最善の手段を模索し、実現に向けて技術とパワーを最適の方法で注入することが成功のカギとなります。

 

モンゴルは成長著しい新興国です。人や資材、資金の管理が難しい新興国でゼロからビルを建設することは容易ではありません。予定通りに竣工することは困難で、他の物件では遅延やプロジェクトが中断する事態も発生しています。

 

当社はそれらのリスクを低減するために、毎月スタッフが現地調査に出向き、厳密な品質管理や工程管理を徹底。あわせてVR技術を活用し、日本から現場監督が現地スタッフを遠隔で管理することで、日々の細かい管理を実現させました。

 

当社が大切にしていることは、現地企業とのパートナーシップ構築です。モンゴルの国内不動産業界のリーディングカンパニーの一つであるMaster Groupと協力し、スムーズな遂行を実現して工期を守る竣工に繋げました。

 

今後は国内で培った技術や海外での建築事例を活かして、事業対象国をさらに広げる考えです。

 

現地のパートナーと「PRO-3 SMART OFFICE」1階ロビーにて

 

 

 

 

【物件詳細】

物件名  :PRO-3 SMART OFFICE

国/エリア:モンゴル/ウランバートル

所在地  :Nogoon nuur Avenue, 7th Micro-district, 11th khoroo, Sukhbaatar

District Ulaanbaatar, Mongolia

タイプ  :オフィスビル

総階数  :18階

総戸数  :126戸

建築年  :2017年10月竣工

設備・条件:WIFI環境・共有会議室・駐車場・AIエレベーター

面積   :22.75~91.73平米

 

 

一覧へ戻る