ラオス 高級コンドミニアムを完成。日本人向けアパートメントサービスを本格稼働。

2018.02.15. 企業情報

News Release

TECRA株式会社

2018年2月15日

ラオス最高層、首都ヴィエンチャンの高級コンドミニアムを完成。

日本人向けアパートメントサービスを2月より本格稼働。

 

「SKY VIEW CONDO @ Muong Thanh Luxury Vientiane」の24階と21階フロアにて日本人向けアパートメントサービスを開始。隣接の5つ星ホテルの付帯設備利用や、現地スタッフによる日本語対応が可能です。

言葉を超えたコミュニケーションと最先端技術IoT・AI・VRを活用したモノづくりで社会に貢献するTECRA株式会社(本社:神奈川県横須賀市/代表取締役:今井豊和)は2月、ラオス首都ヴィエンチャンの高級コンドミニアム「SKY VIEW CONDO @ Muong Thanh Luxury Vientiane」で入居者募集を開始します。

 

 

東南アジア新興国”ラオス”で日本クオリティの住宅を

ラオスでは、中国からラオス、タイを渡る高速鉄道計画(※)とあわせて経済特区を中心に企業誘致が進み、経済発展とともに海外駐在員が増えています。一方、首都ヴィエンチャンには国際スタンダードのコンドミニアムの供給が追い付いていません。

そこで当社ではラオス初のプロジェクトとして、ホテルに隣接する竣工済みコンドミニアムのリノベーションを企画。不動産供給不足の現状に対応するためにパートナー企業の協力のもとスピード感をもって完成させました。

 

ラオス最高層、隣接5つ星ホテルのジムやプールの利用が可能

現在は、当社が内装設計・施工・監督した、24階と21階の部屋で、日本を中心とした海外の駐在員やラオスに居住を検討している方へ向けて、サービスアパートメントの入居者を賃集しています。

窓からは街並みを一望でき、部屋によってはメコン川を見ることができる、ラオスで最も高度の高い建物です。(2018年2月現在、当社調べ)5つ星ホテル「Muong Thanh Luxury Vientiane」に隣接し、入居者は同ホテルのジムやプールなどの付帯設備を利用できます。
さらに24時間体制で警備員が待機しており、セキュリティー面でも安心。現地管理スタッフは日本語に対応し、新興国の暮らしをサポートします。

外観写真(右側がコンドミニアム)

 

室内写真

 

※ 中国南部の雲南省からインドシナ半島を縦断し、シンガポールまで延びる全長3,000キロの高速鉄道計画の一部。中国〜ラオス〜タイ間の高速鉄道は2021年に開通が予定されております。

<物件概要>
・建物名:SKY VIEW CONDO @ Muong Thanh Luxury Vientiane
・建物形式:サービスアパートメント
・間取:2Bet room(63.64㎡〜77.44㎡)
・家賃:$1,200〜$1,500(2018年2月現在)
・セキュリティー:警備員が24時間待機。21・24階のエレベーターホールにオートロックゲートを設置
・駐車場:地下駐車場あり
備考:
・管理スタッフは日本語対応可能
・生活に必要な家具、家電設置済み(エアコン、冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、TV、ベッド、ソファー、ダイニングテーブル、食器等)
・隣接するホテルの付帯設備が利用可能(1階:スーパーマーケット、3階:朝食ビュッフェ、4階:スパ&サロン、5階:スイミングプール&ジム、25階:レストラン&バー)

 

 

 

一覧へ戻る